たんぱく質調整食とは

腎臓病学会策定「慢性腎臓病に対する食事療法」及び消費者庁「食事療法用宅配食品等栄養指針」に基づいた献立のお食事です。

たんぱく質及びリン、カリウム、食塩摂取量などの指導を受けている方におススメです。

低たんぱくごはん1/25 170g とお召し上がりいただくことで、ご利用者様の状態に合わせてたんぱく質調整食となります。

商品見本

赤魚の味噌煮トレー
麻婆豆腐トレー

調理方法:
袋を開けずにそのまま調理可能。

電子レンジ調理 500W 表示ラベル記載時間参照
スチームコンベクション調理 100℃ 表示ラベル記載時間参照

袋が膨らんで、電子レンジ調理の場合空気が自然に抜けます。
(ポンと音が出る場合がございますが問題ございません。)

赤魚の味噌煮献立

赤魚の味噌煮献立

麻婆豆腐献立

麻婆豆腐献立

低たんぱくごはん1/25(170g)

低たんぱくごはん1/25(170g)

調理方法:
袋の端をハサミで少し切りトレーに入れたまま電子レンジ(500W)で約3分30秒

たんぱく質調整食栄養基準

おかず 低たんぱくご飯170g
+おかず
エネルギー(kcal) 280 550
たんぱく質(g) 15.0 15.0
脂質(g) 13.0 14.0
カリウム(mg) 450以下 450以下
リン(mg) 170以下 200以下
食塩相当量(g) 2.0以下 2.0以下

栄養価の許容範囲:
エネルギー、たんぱく質、脂質各±10%

お召し上がり際のご注意
腎臓病などの食事療法にご利用の際は、かかりつけの主治医や管理栄養士の指示に従ってご利用いただきますようお願いいたします。

普段のお食事ではこんなことに気を付けましょう

病気の進行を抑える為の重要な治療法です。カリウムやリン、水分の制限が必要な場合もあります。

たんぱく質の含有量を減らしたごはんやパン、麺類などを利用すると便利です。

※ かかりつけの主治医や管理栄養士の指示に従ってご利用ください。