2013.7.23~24に開催された「高齢者住宅新聞フェア」に出展しました。

フェア概要

2006年から年に1度開催される、高齢者の住まいと介護・医療に関する経営者や管理者層が来場するフェアとなっております。
開催中は14,000人(昨年度実績)の来場が見込まれ、食事や介護用品などを扱う企業が130社集います。

来場者数

平成25年7月23日(火) 晴れ 8,469人
平成25年7月24日(水) くもり 8,317人

コメント

1403_01

シルバービジネスに関する関心が高まりを見せる中、当フェアの来場者数も昨年の14,000人から16,786人と前年比120%となり、他の業種や大手企業が次々に参入を検討する市場となりつつあります。

事業者向けの当フェアでは、高齢者介護施設を新規で立ち上げる方や業務拡大を図る方々が来場者の大半を占め、経費削減や人件費削減の観点から食材や機材など多くのブースに立ち寄り、積極的に情報交換を行う光景が見られました。

1403_02

弊社のブースでは、「常食」・「エネルギー調整食」・「透析食」・「やわらか食」の展示及び試食を行い、なかでも「やわらか食」が多種多様な企業及び施設の方々からの注目を集め、非常に高い関心を得ることができました。

また、出展者同士での名刺交換なども積極的に行われ、大変活気に満ちあふれたフェアになったと思います。