こんにちは、商品課いのっちです。
来週6月4日~6月10日は歯と口の健康週間です。
日本歯科医師会が、6月4日を「6(む)4(し)」の語呂合わせから「虫歯予防デー」としていました。
現在では、4日から10日までの一週間を「歯と口の健康週間」としています。
とくに高齢者の方にとって口腔ケアは、様々な病気の予防にもつながる非常に重要なことです。
この機会に今一度、歯と口の健康について見直してみましょう。

歯磨き
虫歯予防と聞いてまず思い浮かべる「歯磨き」
正しい歯磨きで虫歯、歯周病を予防しましょう。
①歯ブラシの持ち方はペンを持つように
余計な力が入らずに磨くことができます。
②虫歯になりやすい3か所を意識して
歯と歯の間」「歯と歯肉の境目」「奥歯のかみあわせ」を意識して磨きましょう。
③奥歯や細かいところは歯ブラシを縦にして
歯ブラシの先を使って磨きます。
④清掃補助用具を使う
デンタルフロスや歯間ブラシを使って、歯ブラシでは届かない汚れも落としましょう。

食生活
唾液には口の中の細菌を洗い流したり、細菌によって溶かされた歯のエナメル質を再生したりする働きがあります。食事をするときは、しっかりとよく噛んで食べ、唾液の分泌を活発にしましょう。また、甘いものをだらだらと食べることもよくありません。甘いものはほどほどにする、間食は決まった時間に楽しむ、甘いものを口にしたらせめてうがいだけでもするなど、虫歯の予防策を常日頃からとり入れるようにしましょう。甘いものの代わりに「キシリトール」が入ったガムを食べるのもおすすめです。

健康な口腔環境を保つことは、食事を楽しむのに大切なことです。
いつまでも自分が好きなものをおいしく食べれるように日々気を付けましょう。