こんにちは、商品課 いのっち です(^^)

寒い日々が続いておりますが、みなさん体調を崩されてはいないでしょうか。

マスクをしている人を街中でもよくみかけますが、これからの時期

気をつけなければいけないのが「インフルエンザ」

インフルエンザは例年1月下旬から2月に流行のピークを迎えます。

流行の時期に備え、インフルエンザの予防法についてお話したいと思います。

 

インフルエンザ予防には、風邪予防と同じように、

①バランス良く食事をとる ②外出後にはうがい手洗いをする が効果的ですが、

③外出時のマスク に関しては、風邪予防とはすこし違ったポイントがあります。

それは マスクの素材 です。

 

空気中に漂うインフルエンザウイルスは、感染者のくしゃみや咳による

飛沫よりもさらに小さいために、医療用マスクでしかシャットアウトできません。

しかし、主な感染経路は「飛沫感染」と「接触感染」なので、

空気感染に関してはあまり気にする必要はないようです。

ガーゼマスクでは飛沫ウイルスは網目を通り越して口腔内に侵入してしまいますが、

不織布マスクと医療用マスクではこれをシャットアウトすることが可能です。

医療用マスクは高価ですが、不織布マスクは手軽な価格なので

インフルエンザシーズンの毎日の使用におすすめです。

 

それから、④予防接種をする のも効果的ですね。

感染後に発病する可能性を低減させる効果と、

インフルエンザにかかった場合の重症化を防止してくれます。

 

年末で忙しく、体調管理を怠りがちになってしまいますが、

簡単にできることから実践して、インフルエンザを予防しましょう!