こんにちは、商品課 いのっち です(^^)

11月に入り、私が最近気になるのは乾燥 (-_-) お肌が…!保湿しなくては!

また、空気が乾燥していると風邪をひきやすくなるもの。

そこで、今日は「乾燥の観点から風邪予防」のお話をすこししたいと思います。

 

まず、なぜ乾燥していると風邪をひきやすくなるのかというと、

大気が乾燥していると、ウィルスも乾燥して軽くなり、空気中を舞う時間が長くなるのだそう。

また、私たちのからだも、乾燥で、のどの粘膜が渇いてしまうと、バリア機能を発揮できずに、

感染しやすくなるという面もあるそうです。

乾燥を防ぎ、風邪をひかないためにはマスクをするということや、

部屋を加湿するという方法がありますが、

食事の面からでは、ビタミンAをとるという方法もあります。

ビタミンAには喉や鼻などの粘膜を保護する働きがあります。

ビタミンAを多く含む食品は、レバーやうなぎ、チーズなどの動物性の食品のほかに、

ほうれん草・にんじん・かぼちゃなどの緑黄色野菜にも豊富に含まれています。

まごの手キッチンの商品のなかでは、09031002 にんじんの塩昆布和え がおすすめです!

09031002%e3%80%80%e3%81%ab%e3%82%93%e3%81%98%e3%82%93%e3%81%ae%e5%a1%a9%e6%98%86%e5%b8%83%e5%92%8c%e3%81%88

にんじんを塩昆布とごま油で和えており、

程よい塩加減とごま油の香りをお楽しみいただけます。


風邪予防には乾燥対策も大切ですが、まず、
バランスのとれた食事をとり、

邪のウイルスに負けない身体作りが大切です。

グローバルキッチンの献立はすべて私たち管理栄養士が考えたバランスのよい食事!

ご注文の際はぜひ献立でご注文いただき、バランスのとれた食事をお召し上がりください!