こんにちは。商品部のさっこです。

もう、8月も下旬。今年は例年に比べ、雨も多く涼しい夏となりました。が、やはり夏。日中は非常に暑く、夏バテになってしまったという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。夏バテになってしまう原因を知っていますか?

20140826-01

原因は大きく2つ挙げられます。

①    室内と外気の温度差が激しく、身体が温度差に対応しきれなかった。

②    喉越しのよい麺類(炭水化物)ばかり食べて、主菜となるたんぱく源が極端に少ない食事をしていた。

暑い日はどうしてもそうめんなどののど越しのよい、さっぱりしたものばかり食べてしまいがちです。炭水化物ばかり食べてしまうと、体が効率よく、エネルギーに変えてくれません。暑い夏だからこそ、たんぱく質が豊富な肉や魚、卵、豆・豆製品を積極的に食べましょう。

また、汗をかくと体に必要なビタミンやミネラルも一緒に流れ出て、からだが疲れやすくなります。ビタミン、ミネラルが豊富な野菜や果物を積極的にとりましょう。

そして、暑いからといって冷たいものばかり食べたり飲んだりしていると、胃が冷えて食欲がなくなり、夏バテの原因になります。

このように、暑い夏だからこそ3食「主食、主菜、副菜」をしっかりと食べることが大切なんです!!

 

これからだんだんと過ごしやすい気候になっていきますが、夏風邪などひかずに過ごしてくださいね。

そして「食欲の秋」に備えて、体調を万全にしておきましょう!!