こんにちは。商品部のシロです。

明日は土用丑の日です!!先週さっこさんが紹介してくれました「うなぎの蒲焼き」が大好評です!うだる様な暑さが続きますので、「うなぎの蒲焼き」を食べてパワーをつけましょう!!

この暑さ、熱中症も気になるところですが食品従事者としては「食中毒予防」も注意が必要な時期ですね。

基本中の基本ではありますが、初心にかえって本日は「手洗い」についてです。

人の手が食中毒を起こす病原微生物の「運び屋」の役割をしてしまうので、危険性のある手を適切な方法で洗うという行為が重要となります。

手洗いのタイミングとしては、下記のような時に行いましょう。

  • 作業を始める前
  • トイレの後
  • 汚染作業区域から清潔区域に移動する時
  • 作業の区切り毎(食材変更時)
  • ゴミなどの汚れたものを触った時

手洗いが不十分になりやすい箇所

20140728-01

色の濃いところほど汚れが落ちにくい箇所です。

★特に指先は手洗いが不十分になりやすいところです。
手のひらのしわがある部分や、つめの周りもしっかり洗って下さいね。